おやつの記録と主婦のいろいろ

食べたもの・試したもの・気になったものを紹介するブログ。

一汁一菜は主婦の味方!ダイエットにもおすすめ

訪問していただきありがとうございます

久しぶりの投稿になります〜

一汁一菜は主婦の味方

平日の食事の支度って本当大変じゃないですか?

別に料理が嫌いなわけじゃないんです。

ただ仕事帰りにスーパーで買い物して、家に着いて急いで夕飯作って…という生活スタイルが、本当しんどいなぁと思っていたのですが、一汁一菜でよいという提案 [ 土井善晴 ]

という本を読んでみて、とっても共感してしまいました。

一汁一菜でよいという提案とは?

一汁一菜と聞くと、なんだかすごく質素な食生活をイメージするかもしれないし、

おかずをたくさん食べたい人にとっては、あまりいいイメージが湧かないかもしれません。

健康面でも「そんなにおかず減らして大丈夫?」と心配にもなるしね。

 

そこでいくつか気になった部分を、本から引用してみました。

 

一汁一菜という提案は、なにもストイックな健康法を目指しているわけではありません。

私自身、パンも食べますし、洋食も中華もおかずにして食べます。

要するに、一汁一菜というスタイル(考え方)が基本にあればよいのです。

 

多くの人が、ハレの価値観をケの食卓に持ち込み、

お料理とはテレビの料理番組で紹介されるような、手の込んだものでなければならないと

思い込んで、毎日の献立に悩んでいるのです。

 

一汁一菜だからと言って、ご馳走を食べないと決めるわけではありません。

いろいろな日があるわけで、それでよいのです。

お肉料理もサラダも食べたい。

休みの日にはゆっくりして、遅い朝食、早い夕食で、ご馳走をつくって楽しんで下さい。

 

そんなことを言ってくれているので、読んでいて肩の力が抜けたと言うか…ホッとしました。

もうちょっと楽に考えればいいのね〜って。

 

実際にやってみた感想

10日間ほどやってみた感想は、食事を作る時間が減ったので、自由な時間が増えたのが1番良かった。

気持ちにも余裕が出来たので、他のことができるようになった。

疲れた時はつい惣菜を買ったりしていましたが、それがなくなったのでお財布にも優しいし、体にも優しいよね。

朝ごはんはパン派でしたが、今週はごはんとごはんのお供とみそ汁で食べました。

腹持ちは良かったです!

 

気になる家族の反応

これが一番気になるところでした。

栄養の面でもね。

ただ土井先生も言っている通り、足りなければおかわりすればいいし、

追加して食べられるようなものをストックしておけば、全く問題なし。

 

物足りなくないように、具沢山のみそ汁とお肉を入れた「炊き込みご飯」や「混ぜ込みご飯」を日替わりで作ったので、炊き込みごはんをおかわりしていました。

気を使ってくれたのかもしれないけど、物足りないとか他に何かないの?とは言わなかったな…。炊き込みご飯好きで良かった(^^;)

私やお年頃の娘は、これで十分足りちゃうんだけどね〜。

 

ちなみに「炊き込みご飯」や「混ぜ込みご飯」の具は、週末にまとめて作り置きしたものを、冷凍しておいたのでとっても楽でした。

 

 

体の変化

お米たくさん食べると、お腹があまり空かなくて、おやつを食べる量や頻度が減りました。

10日目で体重は1キロ増えていたんだけど、体脂肪率が3%も減っていてビックリしています。嬉しいような悲しいような複雑な気持ち…。

でも骨格筋率が1%増えていたので、今回の体重は筋肉ということにします。

 

ダイエットの面から考えると、体重を減らす即効性があるのは糖質制限(炭水化物を控える)なんだろうけど、年齢的に気にするところは体重よりも体脂肪・内臓脂肪・骨格筋率の方だと思うので、体重と体脂肪率の変化を気にしながら、一汁一菜生活をしばらく送りたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

クリック、泣いて喜びます(T ▽T)  

↓ ↓

 

にほんブログ村 グルメブログ おやつへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村